女心と秋の空・・・・・・・・今日のお弁当♪

10月10日(金) 晴れ時々曇 時々所により大雨(雷雨) 31℃
c0139375_15532910.jpg

これは、昨日の空。

今日のお天気は、↑を 見てのとおりだ・・・・・・。
とても、変なお天気。


今日のお弁当
c0139375_15544048.jpg
□ 照り焼きチキン
□ ニラ入り だしまきたまご
□ ピーマンとひじき炒め
□ きのこのガーリック炒め


秋の空って移り気なの? (All Aboutより抜粋)

そもそも、どうしてそんなふうに言うのか?

秋の空は、空気も澄んでおり、すがすがしい青空が広がり、
抜けるような青空を「秋晴れ」と言ったり、「天高く馬肥ゆる秋」と言ったりする。
秋は移動性高気圧の乾いた空気のために澄み渡り、いつもより上空の雲までよく見える。
だから、秋の月が美しく見え、お月見にも最適な時季なんだそう。

ところが、低気圧と高気圧が日本の上空を交互に通るため、
お天気が変わりやすいのもこの時季の特徴で、
これを変わりやすい人の心になぞらえ、「男心と秋の空」「女心と秋の空」と言うようになった。


えっ?
男心と秋の空って言うのもあるの?   初めて知ったぞ・・・・・。


しかも・・・・、
本当は男だった!?   ・・・・女心と秋の空。


もともとは「男心と秋の空」。
男性の変わりやすい心を例えている。
主に女性に対する愛情が変わりやすいことを差している。

このことわざができたのは江戸時代。
当時は既婚女性の浮気は命を落とすほどの重罪だったが、
既婚男性の浮気には寛大だったこともあり、移り気なのはもっぱら男性だったのだ。
また、若い娘に男性を警戒するよう戒めたり、
ふられた際の未練を断ち切る慰めにも使われた。

女心と秋の空・・・・・女性の場合・・・・、

愛情に限らず、喜怒哀楽の感情の起伏が激しいことや
物事に対して移り気なことを示しており、男心とは少しニュアンスが違う・・・とのこと。



昨日の空は まさにそんな、空だった。
c0139375_15555434.jpg

5時前 こんな風にもくもく雲があったり・・・・・・・

なんだか、黒い雲まで 出てきたら・・・・・、
c0139375_1556198.jpg

虹にも出会う。

c0139375_15563748.jpg

その虹の空の 直ぐ側では・・・・・、月も見えるほどの青空が広がっていた・・・・・。

c0139375_1557991.jpg

日が暮れ出すと・・・・・綺麗な秋の空だった。


そして・・・・夜は、 大雨だった。


参加中で~す♪  (。ゝ∀・)ゞヨロシクゥ♪
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
押していただけると励みになりま~す☆ 頑張ります!応援よろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mm_house | 2008-10-10 16:12 | お弁当

うちごはん☆お弁当☆レシピなど・・・。


by mana
プロフィールを見る
画像一覧