2012年 12月 19日 ( 1 )

ササミチーズ紫蘇フライ弁当 ☆ 軟骨ソーキのスープカレー♪





c0139375_1438379.jpg





12月19日(水)      曇りのち晴れ      17℃











寒いですね~

と言ったら怒られるかな^^;





週末は26℃もあって、夏のような陽気の中 半袖で過ごしていたからさ~


今朝の気温14.7℃はやっぱ寒かったよ。 (((=ω=)))ブルッ





c0139375_14382558.jpg


しかし ご覧のように本州はほとんどの所で一桁台だもんね~


沖縄がどれだけ暖かい所かって思い知らされるわ (^_^;)















さて、 今日のbento


c0139375_1439018.jpg



今日のお弁当Menu

□ ササミチーズ紫蘇フライ
□ ゆでたまご
□ にんじんしりしりー
□ 塩もみきゅうり&プチトマト
□ しば漬け








ササミチーズ紫蘇フライは 揚げるだけ簡単、スーパーの冷凍物。^^

これ、なかなか美味しいのよ(^_^)v












先週、米東部コネティカット州の小学校で起きた惨劇。
20歳の容疑者が無差別に乱射し、児童20人を含む26人が死亡した銃乱射事件は世界中に衝撃を与えた。


使われた銃は容疑者の母親が合法的に所持していたものだった。
憲法修正第2条では個人が武装する権利であるとして国民の銃所持が保障されており、
銃所持が一般市民に広く浸透している米国社会。


100人あたり90個の銃が存在しており、所持率は世界1位。
銃犯罪による死者は年間1万人前後、自殺や事故を含めれば約3万2千人が銃で命を落としており、
1日平均8人の青少年が銃で死亡しているという。



それでも、銃乱射事件が起きた後も「(被害者側が)銃を持っていれば反撃できた」という声が聞こえるそうだ。



異常としか思えない。
銃所持が禁じられている我々日本人からは理解できない。

しかし、銃は所持も使用も固く禁じられた銃のない社会であるはずの日本だが、
市中に出回っている銃の数は5万丁、それ以上ともいわれている。

銃規制が厳しい日本でさえ、実際銃がらみの事件が起きているのだから、他人事ではないだろう。








こんな状況にもかかわらず、米国内で銃規制を求める声が広がらない背景には、

アメリカ政府の税収の一部が、武器の製造、売却、輸出によってまかなわれており、
年間数千億ドルを稼ぐ武器製造業が、もっとも盛んな産業の1つであること。
アメリカの多くの人は、狩猟やスポーツのために銃を使用し、特に大都市を離れた農村では、
開拓時代から続く「自分の身は自分で守る」という精神が根強く残っているということがあるらしい。


それにより、今回のような事件が起きるたびに人々は、
自分や家族の安全を守る手段として、銃の購入を考えるようになる。
アメリカ社会は、治安が悪化し、かえって銃の所持が増加しているのだ。
言い換えれば、人々が自由に銃を保持できるから、暴力が増え、治安も悪化し、
それによってますます市民が銃の購入に向かうようになる、という負のスパイラル状態。








この銃乱射事件で、日本で思わぬ影響を受けそうなのが
現在公開中の伊藤英明さん主演の映画『悪の教典』だそうだ。

内容は、伊藤さん演じる教師が逃げ惑う生徒の大半を次々と猟銃で殺していくという映画。

米国で起きた銃乱射事件を受けて、配給会社の東宝には
「この時期に公開を続けるのはいかがなものか?」という電話が殺到しているそうだ。



c0139375_14395384.jpg

画像 悪の教典公式サイトより



観客動員100万人を突破する大ヒット作だそうだが、
試写会に訪れたAKB48の大島優子さんはパニック状態に陥り
「私はこの映画が嫌いです」と批判し、物議を醸した。



私は大島優子さんに共感する。
映画ライター曰く、殺され方もかなりエグイ救いのない映画 と称されている。

はっきり言って、私もこういう映画は嫌い。 子供にも絶対に見せたくない映画だ。
どういう意図があってこういう映画を製作するのだろうって思ってしまう。
表現の自由とかあるんだろうけど、
いじめや殺人など暗いニュースが多発している現代、正直こんな映画は止めて欲しいよ。













昨日の晩ご飯


c0139375_14403087.jpg



晩ご飯Menu

□ 軟骨ソーキのスープカレー
□ サラダ
□ ラ・フランス&りんご










□ 軟骨ソーキのスープカレー

ソーキは沖縄の呼び名でスペアリブの事だが 「本ソーキ」とか「軟骨ソーキ」とあって
軟骨ソーキは、軟骨入りのあばら肉の事。
軟骨の周りに肉がついていて、じっくり時間をかけて煮込むと軟骨までトロトロになり、
骨の部分までぜ~んぶ食べられます。


お肉は日曜日に購入し、2日掛かりでコトコト煮込んでありました。

豚軟骨のアクを抜くために1~2回茹でこぼします。
ソーキは下処理がちょっと面倒だが、じっくり煮込んだお肉は箸でも崩れるくらいとろとろです。

軟骨を適当な鍋に入れてひたひたの水を加え火に掛ける。
沸騰したらアクを取ったあと火を止め、お湯を捨てる。
軟骨を流水で軽く水洗いし、もう一度鍋に入れて水を注ぎ火に掛ける。
これをあと1回繰り返し、コトコト数時間煮る。
生姜や長ネギなどを一緒に加えると臭みが消えて良い。

圧力鍋を使うと30~40分くらいで時短です。


c0139375_1440408.jpg

後半、ある程度柔らかくなったお肉のお鍋にカレールゥを加えて下味をつけ
後は、別鍋に玉ねぎ、にんじん、じゃがいも等を炒めて煮込んだら普通にカレーを作る時と一緒。
お肉と野菜類を合わせて仕上げました。

出汁が濃厚で 美味しいスープカレーになるよ~(^_^)v




c0139375_14411855.jpg

□ サラダ
□ ラ・フランス&りんご



フルーツはこれにて完食。





c0139375_14414211.jpg





皆さん、いつも温かいコメントをありがとう。
コメントのお返事についてのお願い。

こちらを読んで下さいね。






 (*´ω`)/ 参加中です♪  ρ(^^*)ぽちっと頂けると嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
♪サンキュッ (v^-^v)♪
[PR]
by mm_house | 2012-12-19 14:42 | お弁当と晩ご飯 | Comments(19)

うちごはん☆お弁当☆レシピなど・・・。


by mana
プロフィールを見る
画像一覧